前へ
次へ

雨水被害が出る前にIphone修理ショップへ

電話やソーシャルメディアの連絡用に使ったり、マップを表示して地図として使用するなど、Iphoneは毎日便利に使えるスマートフォンです。
それだけに屋外で使うことも多く、雨の日でも普段通り使うことが多々あります。
そこで注意しておきたいのが、水濡れによる水没です。
傘から垂れる水滴や濡れた手で操作するなど、雨の日はIphoneにとって危険が一杯です。
水の中に落とさなければ大丈夫、と思わないことも大切です。
例えばドックコネクターや隙間などから液体が入り、内部の検知マーカーが水没反応を示せば、そこで水没扱いとなります。
そのため万一本体内に雨水などが入り込んでしまった時は、早急にIphone修理ショップに訪れて、メンテナンスやクリーニングを依頼致しましょう。
特に問題無く使えている場合でも、しばらく後にトラブルが生じることもあります。
また、雨水に含まれる不純物の影響から腐食が進行し、忘れた頃に壊れ出すこともあるため、早めにIphone修理ショップへ訪れた方が良いでしょう。

Page Top